« 2008年2月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年4月

ベストエフォートって・・・

先週、会社のネットワークが突然ダウンしました。

インターネットが使えない、という弊害はわが社のような小さい企業でも事のほか大きく、我々が今、オンでもオフでもいかにインターネットに依存しているかを強く認識させられます。

結局、理由は未だ分からず、回線は遮断されたままなのですが、別のフロアから無理やりLANを引っぱってくる工事を強行し、今は何とか使えるようにはなっています。

これまでプロバイダーから提示される改善策も時間ばかりかかるだけで、すぐに復旧するとは到底思えません。今日で丸々1週間になりますが、その間も当然料金は発生しており、それが返金される訳でもないのですから、普通に考えると本当に可笑しな話です

そもそもADSLやFTTH等インターネット回線を提供する回線事業者のサービスは、「ベストエフォート(best effort)型」と呼ばれるもので、回線の速度ばかりでなく場合によっては接続そのものに関しても「最大限の努力はしますが、保証はしませんよ」という内容を謳っています(その分安いですよ、という意味も含んでいるようですが)。

ですから繋がらないことや対応の遅さに文句を言ったところで、結局は「最大限の努力はしています。(これ以上は無理です)」という部分に逃げ込まれてしまい、こちらではどうすることもできなくなってしまいます

それにしても「最大限の努力をする」とは、その努力をする側にとって”for us”なのか”for you”なのかによって、相手が受ける印象は本当に違ってきますね。自分としても、最終的に相手の期待に添えない結果になった時でも、”for you”と思ってもらえるbest effortを心がけなければ、と自分を戒めた今日この頃でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年12月 »